20代男性の尿漏れ対策!若い男性の尿漏れや残尿、ちょっと漏れるあの感じに

治したい、でもどうやって?20代男性の尿漏れを治すための情報をまとめたサイトです。前立腺肥大が原因の尿漏れから、切迫性尿失禁、過活動膀胱などの困った尿漏れについても。病院での治療から市販薬やサプリメント、筋トレなどで自力で治す方法まできっと役に立つはずです。

男性の軽い尿漏れ、排尿後尿滴下はどうして起こる?対策は?

トイレに行った後、ズボンをはいてトイレを出たとたんに、たらーっと漏れてしまう。

 

こういった症状を排尿後尿滴下と言います。

 

男性であればこういった経験があるのではないでしょうか?

 

 

排尿後尿滴下の原因は?

f:id:simplelife22:20170113212853j:plain

 

排尿後尿滴下は、膀胱からおしっこが漏れているのではなく、尿道に残ったおしっこが後から出てくる症状です。

 

特に、男性の場合、尿道が長いためおしっこが残りやすいと言えます。

 

 

また、年とともに球部海綿体筋(きゅうぶかいめんたいきんと読みます)が弱ってくるため起こることもあります。

 

球部海綿体筋は、尿道の周りについている筋肉で、トイレの後におしっこが残らないように締め付ける役割をしています。

 

この締め付ける力が弱くなることで出し切ることができなくなっていることが考えられます。

 

 

また、前立腺肥大症になるとおしっこが出しにくくなり、おしっこの勢いが弱くなることがあります。

 

そうすると、おしっこを出し切れず尿道に残ってしまい、あとからちょろっと出る原因ともなります。

 

 

排尿後尿滴下がある場合の対策

f:id:simplelife22:20170201092302j:plain

 

トイレを終えた後にちょっと出てくる症状には、ミルキングと球部海綿体のトレーニングといった対策をしてみてください。

 

ミルキングのやり方はこちらのサイトに詳しく載っていますので参考にしてください。

 

奈良県医師会

 

ただ、立ってやるとかなり難しいですし、普通にトイレでしていたらはずかしいかとも思いますので、家で練習して慣らしてみるといいでしょう。

 

個室を使うもの方法もあります。

 

 

球部海綿体を鍛えるには、トレーニングをするといいと言われます。

 

日経グッデイの記事

 

 

 

また前立腺肥大がある場合には、病院で相談する方がよいでしょう。

 

前立腺肥大を抑えるというサプリもありますが、まずは病院で他の病気ではないかを調べてもらうことをおすすめします。

 

 

ズボンを濡らさないためには、尿漏れパッドというものも売られています。

 

しみがついて恥ずかしい、冷たい、洗濯が大変など、お金はかかりますが不快な思いはかなり軽減できますので、試してみてください。