20代男性の尿漏れ対策!若い男性の尿漏れや残尿、ちょっと漏れるあの感じに

治したい、でもどうやって?20代男性の尿漏れを治すための情報をまとめたサイトです。前立腺肥大が原因の尿漏れから、切迫性尿失禁、過活動膀胱などの困った尿漏れについても。病院での治療から市販薬やサプリメント、筋トレなどで自力で治す方法まできっと役に立つはずです。

男性の尿漏れ対策にはどんなものがある?

女性の尿漏れなどは、いろいろと市販グッズで対策用の商品をみかけることはありますが、男性の尿漏れというのは、あまりイメージとしてはありません。

 

ですが、男性でも尿漏れはすることはあります。

 

加齢によるものが原因の場合や、また尿をした直後に尿道に残っているため、それが漏れてしまうこともあります。

 

男性の場合には、尿道の部分がそれなりの長さがあるため、そこに尿が残りやすく、ズボンに閉まった直後などに尿が漏れ、ズボンが濡れてしまうこともあります。

 

このパターンが多く、それ以外にもくしゃみや咳などをした時に、少し尿が漏れることもあります。

 

それでは、男性の尿漏れに対する対策をまとめてみます。

 

 

男性用尿漏れパッドで対策

f:id:simplelife22:20161130051119j:plain

 

対策としては、尿漏れがかなり酷い場合には、尿漏れ対策用市販されているパットなどを購入してみるのもいいでしょう。

 

何も対策をせずにいると、ズボンが濡れてしまい周囲に尿漏れを気づかれてしまったら、かなり恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

ズボンによっては、水分のたぐいで濡れてしまうとその部分がわかってしまう素材などもあります。

 

ジーンズなどは比較的わかりにくいため、ある程度、ばれないための対策としては有効ですが、スーツなどで色が薄いもの、生地が薄いものなどは、尿が漏れてしまうと、周囲からも気づかれてしまうレベルで目立ちます。

 

あわてて拭いたとしても、すぐにかわくとは限らず、ある程度の時間その状況に気づかれないようにするために、自分の持っているかばんや上着などでさりげなく、前を隠しておくという対策をするのもありです。

 

筋トレで尿漏れ対策

f:id:simplelife22:20161125125716j:plain

 

また、尿漏れ対策として、PC筋を鍛えるという手段もあります。

 

PC筋とは骨盤底筋ともいわれ、骨盤の中で内臓を支えている筋肉です。

 

この筋肉を鍛えることである程度、尿をしっかりと排出することができるため、尿が残りにくくなる場合があります。

 

肛門に数秒間力を入れることを繰り返し、鍛えるようにしましょう。

 

 

残尿を絞り出すようにする尿漏れ対策

f:id:simplelife22:20161121103838j:plain

 

もう一つ対策としては、トイレの後に残尿を絞り出しておく方法があります。

 

尿道に残った尿をしっかりと排出させておきましょう。

 

尿をした後ズボンにしまう前に、尿道にそって、裏筋から軽く自分の指の腹でなぞり尿を押し出すようにすると、残っている尿が少し排出できるます。

 

これであとからちょっと漏れることを防ぐことができますので、試してみましょう。

 

 

過活動膀胱や前立腺肥大症の場合の対策

f:id:simplelife22:20161121103900j:plain

 

これまで述べたような対策ではなく、過活動膀胱や前立腺肥大症などの病気が原因の場合は、薬も使って対策をした方が改善が早いようです。

 

病院で薬を処方してもらうこともできますし、薬局で売っている薬や尿漏れに働きかける成分が入っているサプリメントなどもあります。

 

 

 

尿漏れを改善していくには気長に対策していく必要があります。

 

ご自分に合った対策を選び、1か月をひとまずの目安に続けてみて効果を確かめてみましょう。