20代男性の尿漏れ対策!若い男性の尿漏れや残尿、ちょっと漏れるあの感じに

治したい、でもどうやって?20代男性の尿漏れを治すための情報をまとめたサイトです。前立腺肥大が原因の尿漏れから、切迫性尿失禁、過活動膀胱などの困った尿漏れについても。病院での治療から市販薬やサプリメント、筋トレなどで自力で治す方法まできっと役に立つはずです。

20代の若い男性の尿漏れの原因は?病気の心配がないのなら運動を

トイレに入ってトイレをすませたものの、あとから少量のおしっこが出てきてしまう。

 

こんなことに悩む男性は多いのですが、

最近では20代の若い男性でもこういった尿漏れ悩みを持ちはじめています。

f:id:simplelife22:20160531110526j:plain

 

通常、トイレの後のちょっとした尿漏れや残尿感は、

年を重ねていくと前立腺肥大症との関係で尿漏れをすることがあります。

 

前立腺が大きくなることで、おしっこが出にくくなり、

最後の方のおしっこが出し切れず、膀胱に残り残尿感になったり、

あとからちょろっと出てきてしまうんです。

 

でも、若いのに尿もれするとなると別の原因が考えられます。

 

こちらの記事では、トイレを時間をかけてしないために、

少し残ってしまうということを書きました。

 

www.xn--pbk982kypcfqucih.jp

 

今回は、若い世代に多い、筋肉の未発達、衰えという観点から

尿漏れの原因を考えてみたいと思います。

 

若い男性の尿漏れは排尿筋と骨盤底筋の衰えから

f:id:simplelife22:20160531110559j:plain

 

前立腺肥大の心配がなく、また、他の病気がないのにもかかわらず

ちょっと尿漏れしてしまう場合、筋肉が衰えてきていることが考えられます。

 

これは、10代や20代の若い男性にも当てはまる方がいるのではないかと思います。

 

通常、おしっこを出すときに使う筋肉に

 

 

 

 

尿道括約筋

 

排尿筋

 

骨盤底筋

 

 

 

 

と言ったものがあります。

 

これらが弱かったり、未発達だったりするとおしっこを出したり、

止めたりする力も弱くなります。

 

しまりが悪くなっている状態になるんですね。

 

すると、残っているおしっこが出し切れなかったり、

あとから出てきたりするわけです。

 

 

なぜ排尿筋や骨盤底筋が弱り尿漏れするのか

f:id:simplelife22:20160531111038j:plain

 

では、なぜ排尿筋や骨盤底筋は弱ってしまうのでしょうか。

 

もちろん、これはにはまず、運動不足があります。

 

普段から運動をする機会もなく、座り仕事だったりすると

もちろん全身の筋肉が弱ってきます。

 

特に、骨盤底筋は、足の筋肉から腹筋、背筋などと繋がっており、

それらの筋肉が弱ることでも弱ってきてしまいます。

 

骨盤底筋が弱ることで尿漏れするのは女性に多いと言われていますが、

男性でもこの骨盤底筋が弱ることで尿漏れになることもあると言われています。

 

また、排尿筋や尿道括約筋はおしっこをするときに無理やり出そうとすることで

傷んだり弱くなったりします。

 

こうした日常の習慣で、若くても尿漏れが起きてしまうのですね。

 

さらに言われているのは、昔の日本の生活は床中心のものでしたが、

最近ではトイレも洋式、椅子とテーブルの生活になり、

立ったり座ったりすることが減っています。

 

それが原因で、若い人の足の筋肉が弱くなり、

その結果骨盤底筋などの筋肉も弱くなるというのです。

 

何気ない、普段の生活ではなかなか健康な体を作るのは

難しくなってきているとも言えます。

 

 

骨盤底筋エクササイズで尿漏れ対策

では、運動不足や筋肉が弱っているということが原因の尿漏れは

どのようにして対処していったらいいのでしょうか?

 

それには、骨盤底筋エクササイズが有効と言われています。

 

参考に男性ができる骨盤底筋体操の動画をのせておきます。 

 

 

大変かもしれませんが、2か月は続けると、

尿漏れにも効果が現れてくると言われています。

 

以上、20代の若い男性の尿漏れについてまとめてみました。

 

若いのに尿漏れするというのは、恥ずかしいこともありますし、

誰にも相談できずに悩んでしまうことも多いです。

 

ですが、ネットなどでもかなり情報が多くありますので、

一人で悩まずに対策をしていくといいでしょう。