20代男性の尿漏れ対策!若い男性の尿漏れや残尿、ちょっと漏れるあの感じに

治したい、でもどうやって?20代男性の尿漏れを治すための情報をまとめたサイトです。前立腺肥大が原因の尿漏れから、切迫性尿失禁、過活動膀胱などの困った尿漏れについても。病院での治療から市販薬やサプリメント、筋トレなどで自力で治す方法まできっと役に立つはずです。

尿漏れする男性にならないために!防止策や漏れ対策

尿漏れで困っている男性に、尿漏れ防止対策についてまとめましたので

参考にしてください。

 


男性のための尿漏れ防止策

 

男性の尿漏れにもいろいろあります。

 

男性の場合の“軽い尿もれ”は、

 

 

排尿後尿滴下(はいにょうごにょうてきか=残尿、ちび漏れ)

 

 

を引き起こしやすい身体の仕組みや、

 

 

加齢に伴う前立腺のトラブル

 

 

などによって起こると言われています。

 

また、50代で約2割の方が経験することがすでにわかっています。

 

しかしながら、男性の “軽い尿もれ”はまだ一般的に知られておらず、

恥ずかしくて我慢する方がほとんどなんです。

 

周囲の目を気にして1人で悩むことが多いのですが、

実際に悩んでおられる方は実は大変多いのです。

 

状態や原因に応じてきちんとした治療法がすでにありますから、

我慢せずに泌尿器科を受診しましょう。

 

すぐに対策したいという人は、最近になって出てきた

 

 

 

「男性用尿取りパッド」

 

 

 

使うのも一案でしょう。

 

これは、軽い尿漏れでお悩みの男性向けに、

外出を怖がることなく普通の生活を過ごしてほしい、

ということをコンセプトに開発されています。

 


男性のための尿漏れ防止対策(トレーニング)

 

尿漏れ防止対策として、骨盤底筋を鍛えるトレーニングはよく知られています。

 

筋力の低下が原因の「腹圧性尿失禁」の場合や

膀胱が暴走する「切迫性尿失禁」に効果があると言われています。

 

骨盤の中にあり、膀胱を含む内臓を引っ張り上げている筋肉を鍛える筋トレです。

 

やり方は単純で、肛門を“5秒間締める”“5秒間緩める”を繰り返すだけです。

 

立っていても座っていても、横になっていても、テレビを見ながらでもできます。

 

これだけで成果が出るのがうれしいですね。

 

目安ですが、“締める”“緩める”を10回1セットにして、

朝、昼、夕、就寝前の4回行ないます。

 

一日40回ですね。

 

 

効果が出るのに個人差はありますが、最初は3ヵ月間を目標に続けてください。

 

早い人なら、数週間で効果を実感できるそうなので、試さない手はないですね。

 

また、排尿中に尿を止めるのも、いいトレーニングになります。

 

最初は慣れないですが、慣れてくると尿もれが改善されて来るかもしれません。

 


男性のための尿漏れ防止対策(ちび漏れの場合)

 

女性と違って男性の場合、尿の流れる道が長いです。

 

ですから、尿はペニスの中に溜まっているわけではなく、

肛門の前、陰嚢の後ろのところにある尿道に溜まっているわけです。

 

ちび漏れ防止には、ここに溜まっている尿を出し切っておく必要があるんですよね。

 

方法としては、

 

 

陰嚢の後ろに指を数本あてて、前にこするように引きながら、尿を絞り出す

 

 

といいそうです。

 

残っている尿は根元から絞り出す、という感覚です。

 

これを癖にすると、ちび漏れはほぼ解消できるそうですよ。

 

ぜひお試しください。