20代男性の尿漏れ対策!若い男性の尿漏れや残尿、ちょっと漏れるあの感じに

治したい、でもどうやって?20代男性の尿漏れを治すための情報をまとめたサイトです。前立腺肥大が原因の尿漏れから、切迫性尿失禁、過活動膀胱などの困った尿漏れについても。病院での治療から市販薬やサプリメント、筋トレなどで自力で治す方法まできっと役に立つはずです。

残尿感を治すには?男性の尿漏れと残尿感の原因と治療法

この記事では、なかなか治らない男性の残尿感尿漏れの原因

それを治すための方法をご案内しています。

 

 

男性の残尿感の原因

 

男性の残尿感の原因として考えられるのは、

 

 

前立腺肥大症、神経因性膀胱、前立腺炎など

 

 

が考えられます。

 

前立腺肥大

 

 

50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%

 

 

に見られる症状といわれており、男性ホルモンの働きと影響しているとされます。

 

尿道が圧迫されることにより排尿の勢いが弱くなります

 

また、肥大した前立腺が膀胱を刺激してトイレに頻繁に行くようになったり

症状が進むと膀胱内の尿を一度で出し切れなくなるので残尿が起きるようになります。

 

そのころには、排尿しても何かスッキリしない「残尿感」があります。

 

 

神経因性膀胱

 

脳や神経が病気や怪我で損傷することで、

膀胱や尿道への脳からの指令が正常に伝達できなくなることで起こります。

 

脳梗塞、脳卒中、脊髄損傷や、痴呆やパーキンソン病、腰椎間板ヘルニア、

脊髄小脳変性症などが原因とされています。

 

 

前立腺炎

 

若い男性に出やすい症状で、

尿道からクラジミアなどの細菌が前立腺内に入り込み、

炎症を起こすことが原因です。

 

疲労やストレスなどで体力が落ちて抵抗力が弱くなっているときになりやすいです。

 

慢性の場合は、細菌による炎症ではなく、血行障害が原因の場合もあります。

 

 

 

残尿感の多くは、排尿のリズムが原因となることが多く、

適切な水分補給と適切な排尿を身につけることで解消できるケースが多いです。

 

 


残尿感がある尿漏れの治療方法

 

前立腺肥大

 

食べ物や水分の摂り方といった生活指導を行って経過をみたり、

症状に合わせた投薬治療などを行います。

 

治療薬には、

 

 

 

「前立腺を小さくする抗男性ホルモン薬」

 

「尿をだしやすくするα1受容体遮断薬(α1ブロッカー)」

 

「漢方薬」

 

「植物エキス薬剤」

 

 

 

などがあります。

 

血尿、腎機能障害などが起きた場合、

薬物治療でも十分な改善が得られない場合には手術も行なわれます。

 

 

神経因性膀胱

 

原因となる疾患の治療が行われるとともに、

膀胱の働きを促進する薬や、膀胱と尿道の神経のつながりを改善する薬も使われます。

 

これらで効果が認められない場合は、

尿道カテーテル留置や間欠的自己導尿などの処置も行われます。

 

 

前立腺炎

 

感染した細菌にあわせた抗生物質や抗菌剤、

前立腺の腫れやむくみを取る生薬成分や抗浮腫剤などが投与されます。

 

感染原因菌が見つからない場合、膀胱にしっかり尿をためてから排尿する、

軽い運動をする、など生活習慣を改善することで症状がよくなることがあります。