20代男性の尿漏れ対策!若い男性の尿漏れや残尿、ちょっと漏れるあの感じに

治したい、でもどうやって?20代男性の尿漏れを治すための情報をまとめたサイトです。前立腺肥大が原因の尿漏れから、切迫性尿失禁、過活動膀胱などの困った尿漏れについても。病院での治療から市販薬やサプリメント、筋トレなどで自力で治す方法まできっと役に立つはずです。

トイレに間に合わない!男性の尿漏れ原因と男性にも効く市販薬

この記事では、男性の尿漏れ、特にトイレに間に合わないというタイプの尿漏れ原因と、そんな症状に効果がある市販の薬をまとめています。

 

男性の尿漏れにも何種類かタイプがありますが、

トイレに間に合わない尿漏れを「切迫性尿失禁」と言います

 

トイレに行きたい!と思うと我慢できなくなってしまったり、

突然漏れそうなくらいの尿意が襲ってきて、

トイレまで間に合わないというのがこのタイプです。

 

もう少しで間に合ったのに。。。というように、直前に漏れてしまうのが特徴で、

水に触ったり水の音を聞くと漏れてしまうというケースも見られます。

 

 

切迫性尿失禁は過活動膀胱の症状の一つです

 

過活動膀胱とは、簡単に言えば膀胱が暴走。。。ギャグじゃないです。

 

コントロールされているはずの膀胱がうまく働いていない状態になっています。

 

尿を溜めるときに膀胱のなかで異常な収縮が起きてしまい、

少ししか尿が溜まっていないのに強い尿意を感じて、

何度もトイレに行ったり、ガマンできずに漏れたりするのです。

 

トイレが間に合わないという切迫性尿失禁は過活動膀胱からくる症状になります。

 

過活動膀胱の原因は、脳梗塞や脳出血、パーキンソン病などの

脳や脊髄の病気から起きているものが2割言われており、

残りは加齢、下部尿路閉塞などと言われています。

 

ですが、原因がはっきりしない人の方が多いので、治療が難しいとも言われています。

 

原因は膀胱がうまくおしっこを貯めたり出したりすることが

できなくなっているわけですから、

膀胱をうまく働かせる薬を飲んで治療する必要があります。

 

 

男性の尿漏れの原因は前立腺肥大ともかかわっている

 

過活動膀胱の原因のひとつは前立腺肥大です。

 

30代くらいの男性から肥大が見られ始め80代では90%の男性に見られる

という症状です。

 

前立腺肥大によるおしっこに関連する症状は

 

 

尿が出る勢いが弱い」

「尿が途中でとぎれる」

「尿を出しにくい」

 

 

というもので、ひとことでいえば

 

 

 

尿道の通りが悪くなる

 

 

 

状態になっているために起きる症状です。

 

前立腺肥大の患者の約半数に

 

「急に尿意をもよおして、我慢ができない」

 

などの過活動膀胱の症状がみられることがわかっています。

 

前立腺肥大も早めに薬を飲むと効き目がいいそうですから、

気になるようでしたら病院へ行くか、

市販の薬を試してみるのが改善への早道です。

 

 

男性に効果がある市販の薬

 

市販の薬で効果があるの? と思われるかもしれませんが、

切迫性尿失禁は一時的な症状であることも多く、

軽いうちは病院に行かなくても治っていくことがあります。

 

ですから、深刻な状況になっているようでしたら

一刻も早く病院へ行くことをおすすめしますが、

そうでない場合は市販薬で様子を見てみてるのも手です。

 

では、尿漏れに効果があると言われている市販薬にはどんなものがあるのでしょうか?

 

薬局で市販されている薬は、ほとんどが漢方薬になっています。

 

病院の薬よりも効き目は緩やかになります。

 

ジェントスルー興和

ツムラ漢方八味地黄丸料エキス顆粒A

ユリナール

ハルンケア

クラシエ 六味丸料エキス錠

八仙宝寿丸(ハッセンホウジュガン)

 

などがあります。

 

なかなか改善されない場合は、なるべく早く泌尿器科にかかるようにしてくださいね。

 

 

過活動膀胱で治療を受けるかどうかの目安は、

 

日常生活レベルで困っているかどうか?

 

が目安になるでしょう。

 

今回ご紹介してきた尿漏れなら、はっきりとした症状です。

 

これ以上我慢することなく治療を始めた方がよいでしょう。

 

薬による治療が適切と考えられますので、泌尿器科を受診し、

医師の診察を受けるのがおすすめです。

 

特に男性の場合、泌尿器科の受診を嫌がる人も多いですが、

早めの受診が症状緩和につながります。